「広島整体院」でつらい症状を根本改善

 無理な体勢での作業や運動をきっかけに起こる筋・筋膜性腰痛に…。何をしてても痛いし、不意に激痛が…。つらいですよね。

そんな筋・筋膜性腰痛の症状を広島駅徒歩6分で行ける広島整体院が徹底的に解説いたします。

原因ややってはいけない治療法、病院や他の医院に行ったのに治らない…そんな方のお悩みに答えていきます。当記事でつらい痛みから開放されましょう!

とにかく痛みを取りたい、プロに治してもらいたい…という方はお任せください。

以下の24時間受付の予約フォームよりご予約いただけます。
24時間受付の予約フォームはこちらから

筋・筋膜性腰痛とは「筋肉や筋膜が原因の腰痛」

腰痛イメージ

筋・筋膜性腰痛とは、腰の筋肉や筋膜に負担がかかることで生じる腰痛です。体をひねる動きや腰に負担がかかる仕事などで、筋肉が損傷することが原因です。

ヘルニアなどのように決まった動作で痛みが現れるわけではなく、一日中何をしていても痛みが続きます。脚の痛みやしびれは基本的には起こりません。

レントゲンなどの画像診断では異常が見つからないのが特徴です。

ちなみに「ぎっくり腰」は筋・筋膜性腰痛であることが多いといわれています。

筋・筋膜性腰痛の症状「首から腰にかけての継続的な痛み」

中年男性 腰痛

筋・筋膜性腰痛の症状は、首から腰にかけての鈍い痛みです。何をしていてもずっと痛みが続きます。

主に腰が痛みますが、腰回りの筋肉・筋膜である脊柱起立筋・胸腰筋膜は縦に伸びているため、首やお尻・太ももの裏側まで痛みが繋がることもあります。

背中側の筋肉が痛みを引き起こしていることから、前屈すると筋肉が伸びて痛みが増す場合が多いです。

筋・筋膜性腰痛の見分け方

注意点、ポイント

腰痛を引き起こす原因は筋・筋膜性腰痛の他にもあるため、自分では見分けられません。腰痛がある方は、まずは受診が必要です。

その上で、今から紹介する筋・筋膜性腰痛の特徴と診断方法を参考にしてください。

筋・筋膜性腰痛の特徴「何をしなくても痛い/特定の動きが痛む」

筋・筋膜性腰痛の特徴は以下の通りです。

  • 背中から腰(脊柱起立筋・胸腰筋膜)の痛み
  • 何をしてても続く鈍い痛み
  • ”特定の動作で痛む”などの特徴がない
  • 画像診断(レントゲン/CT/MRI)で異常なし

レントゲンなどの画像診断で筋・筋膜性腰痛であると確定できないため、医師の問診が重要です。

筋・筋膜性腰痛の診断方法

筋・筋膜性腰痛であると診断された方は、レントゲンなどの検査を受けたのではないでしょうか。診断は次のような流れで行うことになっています。

  1. 問診・診察
  2. レントゲン・CT・MRI検査
  3. 「2」で異常がなければ、筋・筋膜性腰痛と確定

医師の問診・診察のあとにレントゲン等の検査を受け、他の病気がないことを確認してから診断されます。症状だけでは、他の腰痛と区別できないためです。

筋・筋膜性腰痛とそのほかの腰痛との違い

腰痛イメージ

腰痛の原因はさまざまで区別が難しいですが、次の2つの病気とははっきりと区別できます。

  • 腰椎ヘルニア
  • 腰椎分離症

上記2つの病気と筋・筋膜性腰痛の区別では、画像診断が重要です。詳しく説明します。

筋・筋膜性腰痛と”腰椎ヘルニア”との違い「MRIで判定」

筋・筋膜性腰痛と腰椎ヘルニアは、次のような違いがあります。

 

筋・筋膜性腰痛

腰椎ヘルニア

症状

・腰の痛み

・腰の痛み

・下半身に力が入らない

画像診断

・画像診断では異常なし

・画像診断(MRI)で異常あり

下半身に力が入らないなどの神経障害があるかどうか、MRI検査で異常が見つかるかが区別のポイントです。

腰椎ヘルニアは腰の神経を圧迫することで発症するため、神経障害が発生しMRI検査でも圧迫を受けている場所を確認できます。

腰椎ヘルニアについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

筋・筋膜性腰痛と”腰椎分離症”との違い「レントゲン/CTで鑑別」

筋・筋膜性腰痛と腰痛分離症の違いは以下の通りです。

 

筋・筋膜性腰痛

腰椎分離症

症状

・腰の痛み

・腰の痛み

画像診断

・画像診断では異常なし

・画像診断(レントゲン/CT)で異常あり

筋・筋膜性腰痛と腰椎分離症は、どちらも腰痛が発生するという点では同じです。しかし、腰椎分離症は腰の骨(腰椎)の骨折であるため、レントゲンやCTなどの画像診断で鑑別できます。

腰椎分離症については、こちらの記事で詳しく解説しています。

筋・筋膜性腰痛とぎっくり腰は違う?

筋・筋膜性腰痛はぎっくり腰の一種です。ただし、すべてのぎっくり腰が筋・筋膜性腰痛というわけではありません。

ぎっくり腰の原因は「椎間関節」「筋・筋膜性腰痛」の2種類があります。

筋・筋膜性腰痛の原因

腰痛の原因イメージ

筋・筋膜性腰痛は腰回りの筋・筋膜が損傷し、腰痛を起こした状態です。損傷を起こす原因は、主に次の2つが考えられます。

  • 仕事中の無理な体勢
  • スポーツ全般で発生する体をひねる動き

それぞれ詳しく解説していきます。上記の原因に心当たりがある方は確認してみましょう。

仕事中の無理な体勢

仕事中の無理な体勢は筋・筋膜性腰痛を引き起こしやすいです。具体的には、次のような動作が発症の原因となります。

  • 農作業
  • 土木作業
  • 長時間のデスクワーク

中腰での力仕事は腰の筋肉に負担がかかりやすいため、筋や筋膜の損傷をまねきやすいです。

また、長時間のデスクワークも筋・筋膜性腰痛の原因となるため、注意しましょう。体をひねる動きはありませんが、長時間の座位で腰に負荷がかかることで発症する恐れがあります。

スポーツ全般で発生する体をひねる動き

急に激しい腰の痛みを感じた場合は、次の動作が原因であると考えられます。

  • 野球のピッチング
  • バスケやバレーなどのジャンプ
  • テニスや野球、ゴルフなどのスイング

体をひねることで、筋肉が過剰に伸ばされて発症します。いわゆる肉離れと同じようなものです。

スポーツ全般で起こる症状なので、筋肉を使いすぎたり無理な動きをしたりしないことが大切です。

筋・筋膜性腰痛の治療方法

治療イメージ

筋・筋膜性腰痛の治療は、主に方法があります。

薬物療法

・消炎鎮痛剤(ロキソプロフェン等)の内服薬

・湿布などの外用薬

運動療法

・ストレッチ

温熱療法

・温熱ホットパックやカイロの使用

装具療法

・腰サポーターの使用

物理療法

・電気療法

・低周波

・干渉波

・超音波

・低出力レーザー

症状や病状に合わせたさまざまな治療法があります。専門家と相談し、自分に合った治療法を選択しましょう。

ただし、急激に痛みが出たときは安静にし、アイシングするのが第一選択です。痛みが強く出て、動くのが困難な場合もあるため無理は禁物です。

筋・筋膜性腰痛の予防法

予防法イメージ

筋・筋膜性腰痛を予防するには、次の3つが有効です。

  • 筋肉の柔軟選UP
  • 体幹の向上
  • コルセット/サポーターの使用

上記の方法は腰への負担を減らすことが目的です。腰を酷使することが多い方は、今から紹介する予防方法を参考にしましょう。

1.筋肉の柔軟性UP

筋肉を柔らかくすることで腰の安定性が高まり、腰への負担を軽減できます。全身の筋肉はお互いに影響を及ぼし合っているため、腰だけでなく股関節・胸・肩甲骨周辺の筋肉もストレッチしましょう。

次のようなストレッチが効果的です。

  • 壁に手を付けて胸を開くストレッチ
  • 股関節周りの筋肉を伸ばすストレッチ

筋・筋膜性腰痛を予防するためには、全身の柔軟性を高めることが大切です。

2.体幹の向上

腰の筋肉は、それ以外の筋肉とも関わりが深いため、腰だけでなく全身をバランス良く鍛えることが大切です。複数のクランチを組み合わせて行うのがおすすめです。

体幹の筋力を鍛えると背中を支える力も向上するため、腰の筋肉への負担も軽減します。

3.コルセット/サポーターの使用

少しでも腰痛を感じたり、負荷がかかる運動をしたりする時は、コルセットやサポーターをつけるのが望ましいです。

コルセットやサポーターが腰を支えてくれるため、筋肉への負担が減ります。仕事などで安静を守れない場合は、コルセットの装着を専門家に相談してみましょう。

 

病院や他の医院でよくならない理由

病院イメージ

病院や他の医院で、筋・筋膜性腰痛がよくならないのは、方針がしっかり定まらないまま治療を行っていることが原因かもしれません。

画像診断で異常がないため、どのような対処をすべきかや、症状が良くなっているかの判断基準があいまいになりがちです。

「様子をみましょう」「仕事のしすぎ」などと言われ、痛み止めや湿布だけ出された方もいるのではないでしょうか。根本的な原因を突き止め、解決ができていないため症状が良くならないのです。

広島整体院での筋・筋膜性腰痛の改善法

広島整体院の施術イメージ

広島整体院では次のような流れで、筋・筋膜性腰痛を改善していきます。

  • 施術後の変化を細かく観察し、比較しながら徐々に痛みを取り除いていく
  • 痛みの出方や症状が出るタイミングなどをカウンセリングし、腰痛の原因を見つける
  • 自宅でのケアや注意点を患者と一緒に確認し、再発しないようにする

一人ひとりと向き合い、原因を見極めながら施術を行っていきます。「筋・筋膜性腰痛で通院しているけど、良くならない」とお悩みの方は、ぜひ広島整体院にお越しください。

以下の24時間受付の予約フォームからどうぞ。

予約フォーム

筋・筋膜性腰痛に関するよくある質問

 

質問イメージ

筋・筋膜性腰痛に関するよくある質問をまとめました。

Q.筋・筋膜性腰痛をそのままにするとどうなりますか?

最初は腰の鈍い痛みが続きますが、症状を放置して負荷をかけ続けると強い痛みが出現し始めます。酷くなると咳やくしゃみの衝撃でも激痛が走るようになるでしょう。

また腰だけでなく、首からお尻や太ももの裏側まで痛みが広がる場合もあります。

Q.筋・筋膜性腰痛は指圧でマッサージも効果ありますか?

筋・筋膜性腰痛に指圧はおすすめしません。強く揉む行為によって筋膜が傷つくことがあるためです。

また、筋肉が傷つくことで柔軟性が失われることもあります。筋・筋膜性腰痛が疑われる場合は指圧などのマッサージは控えましょう。

広島整体院までの行き方

広島整体院の外観

最寄駅

広島駅北口から徒歩6分

駐車場 あり(5台)
住所 広島県広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1F
受付時間 9:00〜21:00
定休日 不定休
予約受付(TEL) 082-576-4889
予約受付(Web) ご予約・お問合せ ※24時間受付中 

キャンペーン

 

12月5日(月)までに
\ ご予約の方に限り /

 

久保田式
根本改善コース(通常1回7,700円)

初回限定2,170円(税込み)

 

tel:0825764889予約フォームマップ

 

久保田大貴

この記事の監修
久保田大貴
広島整体院 院長・柔道整復師

テレビ、雑誌などメディア出演多数。
同業者はじめ、医師からも推薦状を受け、
整体・整骨の技術指導も行っている。
「どこにいっても治らなかった…」
そんな症状を治す凄腕の整体師。
プロフィールはこちら

 

 

 

広島の整体なら「広島整体院」 PAGETOP