「広島整体院」でつらい症状を根本改善

腰痛のイメージ

「腰痛を早く治したい」「腰痛にならないように予防をしたい」このように思ったことはありませんか?

体を動かすたびに腰が痛くて生活に支障が出てしまうのは辛いですよね。

腰痛の大半は労働環境や普段の生活環境などが原因で起こっているので、原因をできる限り特定できれば腰痛を治療・予防することが可能です。

本記事では、腰痛になる原因や治療法、予防法などを広島整体院が詳しく解説していきます。
腰痛に悩まされないような生活を送れるように取り組みましょう!

とにかく痛みを取りたい、プロに治してもらいたい…という方はお任せください。
24時間受付の予約フォームよりご予約いただけます。
 

腰痛になる原因とは?

腰痛になる原因イメージ

腰痛になる原因は大きく分けて2つの原因が考えられます。

  • 非特異的腰痛
  • 特異的腰痛

腰痛の原因の大半は非特異的腰痛ですが、椎間板ヘルニアや骨粗しょう症のような特異的腰痛のケースもあります。

いずれにしても早期に原因を特定して対処していくことが大切なので、それぞれを以下で詳しく解説していきます。

非特異的腰痛

腰痛の約85%は、非特異的腰痛が原因で起こります。

非特異的腰痛とは、痺れまひといった神経症状や重度の基礎疾患ではなく、検査をしてもどこが痛みの原因なのか特定しきれない症状を指します。

長時間猫背といった姿勢の悪い状態が続いたり、運動不足で腰を支える筋力が弱まっている時、腰に負荷をかける重労働など様々な原因によって腰痛が起こりやすくなります。

基本的に安静にしたりストレッチやマッサージなどのセルフケアをしていれば短期間で回復に向かいますが、痛みのある状況で無理に体を動かしたり、ストレスなどの心理的要因があると腰痛が長引くケースもあります。

詳細な原因の特定は難しいですが、労働環境や生活習慣の中で腰痛を引き起こしている原因があるので、原因を突き止めて労働環境や生活習慣を見直すことが大切です。

特異的腰痛

腰痛の約15%は、詳細に原因を特定できる特異的腰痛です。

特異的腰痛とは、椎間板ヘルニアや骨粗しょう症などの検査をすることで特定できる腰痛のことを指します。

特異的腰痛の代表的な病気は以下3つです。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 骨粗しょう症

これらの症状のいずれも、背骨の神経が圧迫されることによって痛みが起こり、場合によっては筋力の低下や痺れが起こることも考えられます。

これらの症状以外にも内臓や血管、心因性の病気などが原因で起こる重度の病気の可能性もあるので、早期に受診をして治療を行う必要があります。

腰痛の治療法4つ

腰痛の治療法イメージ

腰痛の治療法は以下の4つです。

  1. 薬物両方
  2. 神経ブロック療法
  3. ストレッチや筋力強化運動をする
  4. 手術を行って治療をする

腰痛の状況によって治療方法が変わってきますし、腰痛は抑えれるものの副作用が出てしまう治療法もあります。

症状が重い場合は手術を行う必要もありますので、医師と十分に相談しながら治療を行うことが大切です。

治療法1:薬物療法

腰痛の症状に合わせて薬を投与して治療を行います。

腰痛の治療薬にはそれぞれ特性があるので、医師と良く相談をして自分に適した薬にすることが大切です。

投与する薬として、ロキソプロフェンやインドメタシンなどの非ステロイド系抗炎症薬や副作用が少なく、穏やかに痛みを抑える働きがあるアセトアミノフェンといった治療薬があります。

便秘や吐き気などの副作用がある薬や筋肉のコリやこわばりをほぐす薬など様々あるので、自分の腰の症状に適した薬を処方してもらいましょう。

治療法2:神経ブロック療法

腰痛の痛みが強い場合に神経ブロック療法を行います。

神経ブロック療法とは、局所麻酔薬を投与して、痛みを伝える神経を遮断する方法です。

痛む部位にピンポイントで効かせることができ、胃腸や肝臓、腎臓といった内臓にできる限り負担をかけずに治療を行えます。

注意点としては、神経周辺に注射をするので神経を傷つけてたり、出血や感染を引き起こしてしまうことがあります。

腰の痛みの状況によって神経ブロック療法を行うか変わってくるので、医師としっかり相談して行いましょう。

治療法3:ストレッチや筋力強化運動をする

ストレッチや筋力強化運動によって、腰痛を治療していきます。

前提として急性期(発症から数日)以降に行い、痛みや痺れの軽減、身体機能の改善を図ります。

血液循環を改善させるために腰部を温める温熱療法や筋肉をほぐすストレッチ、腰を支える筋肉の強化などを通じて、腰に負担のかかりにくい身体を作り腰痛を改善できます。

腰痛の予防にも繋がってくるので、しっかりと行うことが大切です。

治療法4:手術を行って治療する

以上の腰痛の治療法で効果が十分に出ない場合、手術を行って治療します。

痺れや筋力の低下が著しい時に、手術を行って改善していきます。

腰椎の固定や神経を圧迫する部分の切除などを行いますが、基本的に手術は最終手段の位置付けになるので、手術を行う際は医師と良く検討して行いましょう。
 

長時間同じ姿勢でいるのはリスクがある

長時間同じ姿勢のリスク

腰痛の原因で多いのが、長時間同じ姿勢でいることです。
同じ姿勢を続けていると、筋肉が緊張状態になり疲れや血液循環の悪化によって、腰痛が発生しやすくなります。

デスクワーク中心の職場環境や家事などの生活習慣で同じ姿勢になることが多くなるのは避けられないかもしれません。

ただずっと同じ姿勢でいることは良くありませんので、こまめに休息をとってストレッチをして、姿勢を変えていきましょう。
 

腰痛の予防法3つ

腰痛の予防法イメージ

腰痛の予防法は以下の3つです。

  1. ストレッチやマッサージをする
  2. 正しい姿勢を保つ
  3. 重いものを持たないようにする

腰痛を予防するためには、ストレッチをしたり正しい姿勢を保つなど私生活から意識的に取り組んでいく必要があります。

腰痛の大半は労働環境や生活習慣が原因ですので、自分自身の生活を見つめ直した上で腰痛予防をしていきましょう。

予防法1:ストレッチやマッサージをする

腰痛の予防として、定期的にストレッチやマッサージを行いましょう。

長時間立ったまま・座ったままの姿勢だと腰に負担がかかるので、姿勢を変えてストレッチを行うことが大切です。

立っている状態では上半身を下半身が支えていることになり腰に負担がかかりますし、座っている時に猫背や前屈みの状態だと腰の筋肉や靭帯にかかるストレスが大きくなります。

定期的に休憩する際に腰を伸ばすストレッチをしたり、軽いマッサージをするだけでも腰痛予防になりますので、忘れずに行いましょう。

予防法2:正しい姿勢を保つ

腰痛の予防のために、正しい姿勢を保つことを心がけましょう。

姿勢の悪い状態が続くと体の歪みに繋がり、痛みを生じる原因になります。

いつも猫背になっている、座るときに足を組んでいる、前屈みの状態が多いといったような姿勢をすることはありませんか?

これらの姿勢が続くと体が歪んで腰への負担が大きくなってしまうので、正しい姿勢を保つことを意識して取り組んでいくことが大切です。

予防法3:重いものを持たないようにする

腰痛の予防として重いものを持たないようにすることも必要です。

重いものを持つだけでも腰への負担に繋がりますが、前屈みの姿勢の状態で持ち上げる時も負担がかかるので、ぎっくり腰になるケースもあります。

できる限り重いものを持たないことが望ましいですが、職業柄厳しいという方や持ち上げないとものを動かせないことも多々あるでしょう。

その際は腰を下げて、両手で掴んで腰と膝でゆっくりと持ち上げることを意識することが大切です。

急激な負荷がかかることが腰痛、ぎっくり腰に繋がることが多いので、特に重いものを持つ時は気をつけましょう。
 

広島整体院で腰痛を治したお客様の声

「重度の腰の痛み、痺れが今では全くない。」

Q今までどのようなことでお困りでしたか?
A5年前に腰の手術をしました。
ですが、思う様な改善は得られず、毎日違和感や恐怖感を抱きながら生活していました。仕事に向かうのにも途中車を降りて休憩を挟まないといけないレベルでした。整形に行ったり病院に行ったりというのを何件もしました。ですが、思うような結果は全く得られず、次第に足も遠のいてしまいました。
Q広島整体院にきてみてどうでしたか?
Aまず、病院ではできないような施術をしてもらいました。病院の施術は全く違う気がしたのと、いろんな腰痛に関する知識を入れてもらい、先生の施術と自分の考えがマッチしてどんどん良くなって行きました。孫も抱っこできるようになりました。

(60代 男性 吉村様)

※効果には個人差があります

「まともに立っていられなかった腰痛もきっちり改善しました。」

腰痛が酷くなり、整形でのリハビリで思う様な結果が得られず知人の紹介で広島整体院さんに伺いました。
私は良くなりたいという気持ちよりも悪くなりたくないの気持ちが大きかったことにより症状が悪化しているとのことでした。
話も聞いてくれて、質問にも的確に答えてくれるので非常に信頼できます。
どんどん良くなり、痛みもしびれもなくなりました。
先生、ありがとうございます

(神農 京子さん 60代)

※効果には個人差があります

予約フォーム

 

病院や他の医院で腰痛がよくならない理由

病院や他の医院で腰痛がよくならない理由

病院や他の医院で腰痛がよくならない理由として、腰痛そのものを改善するよりも痛くならないようにすることに重きをおいてしまっている点にあります。

一時的な痛みからは回避できているかもしれませんが、根本的な腰痛が改善されていないと痛みが継続する場合もあります。

腰痛で悩まれている方で痛くならないようにしている考え方は以下の通りです。

  • コルセットを巻いていた方がいい
  • 安静にして寝ていたら良くなる
  • なるべく負担がかからないようにゆっくり動かす

処置そのものに問題があるわけではありませんが、目的が「痛くならないようにする」ことに注視しているので、根本的な改善になっていることは少ないです。

痛みが少なくなったのは改善したというよりも、痛みが出ないようにするのが上手くなったという要素が強いです。

「痛くならないようにする」という目的の行動よりも、腰痛を改善するための行動をとるお手伝いを広島整体院でさせていただきます。

広島整体院での腰痛の改善法

広島整体院の施術イメージ

広島整体院での腰痛の改善法として、腰を反らす、屈める(かがめる)のどちらが難しいのか見極めて、適切な施術を行っていきます。

痛みよりも使い方や可動域を良くすることで、結果的に痛みも軽減されていきます。

腰を反らすのが難しい場合では、体前面の筋肉が反らすのとは反対側に縮んでいるのでそれを見極めて緩めていくと、反らすことができるようになっていきます。

イメージとしてはTシャツの前側を下に引っ張るような力が加わっていてその分だけ身体を反らすことが難しくなっているので、それを緩めていく施術を行います。

硬めてしまった要因となる筋肉や関節を緩めて動かすことに対しての嫌なイメージを払拭していきます。

屈めるのが難しい場合は、先ほどの逆で足の後面の筋肉が主な要因となります。

前に屈もうとしている自分の身体を後面の筋肉が逆方向に引っ張っているので、それを緩めて関節が動かしやすいようにしていきます。

あとは腰に関連して、早く大きく動かしてもらうことで自信をつけれるようにして腰の痛みに対する怖さも消えていきます。

このように腰がどのような状態になっているのか見極めて施術を行っていくことが、腰の痛みを改善していくために重要になってきます。

広島整体院で、納得のいく説明と施術により腰痛の改善へのお手伝いをさせていただきます。

予約フォーム

 

腰痛に関するよくある質問

FAQ

 

腰痛の時は温めるのか冷やすのかどっちが良いですか?

慢性的な腰痛の場合は、冷やしても温めてもどちらでも問題ありません。
ただし痛めた直後やスポーツなどで酷使した腰、ぎっくり腰の場合はアイシングで冷やした方が良いでしょう。

稀に温めて腰が痛くなることもあるので、その際は温めるのは控えるようにしましょう。

腰痛の時にお風呂に入っても大丈夫ですか?

腰痛の時にお風呂に入っても大丈夫です。
入浴することによって血液の循環が良くなり、筋肉の緩和やリラクゼーション効果があるので、入浴した方が良いともいえます。

ただ入浴することで患部を温めることになるので、それによって痛みが出てくる場合は入浴するのを避けてシャワーだけにするなどの対応をすると良いでしょう。

腰が痛くてもストレッチはやった方が良いですか?

腰が痛い場合は、ストレッチをしない方が無難です。
無理にストレッチをすると、痛みが長引いて生活にも支障が出てきてしまいます。

痛みが落ち着いてきていればストレッチを行った方が治りが早くなるので、腰の状況を踏まえて適切な行動をするのが大切です。

広島整体院までの行き方

広島整体院の外観

最寄駅

広島駅北口から徒歩6分

駐車場 あり(5台)
住所 広島県広島市東区光町2-5-3 平勝ビル1F
受付時間 9:00〜21:00
定休日 不定休
予約受付(TEL) 082-576-4889
予約受付(Web) ご予約・お問合せ ※24時間受付中 

キャンペーン

 

12月5日(月)までに
\ ご予約の方に限り /

 

久保田式
根本改善コース(通常1回7,700円)

初回限定2,170円(税込み)

 

tel:0825764889

予約フォームマップ

 

まだまだあります!
\お客様の喜びのお声

「腰の痛みや曲がっていた背中がまっすぐになりました」

腰の痛みと長い時間歩いていると歩きにくくなってどんどん背中が曲がっていき、前屈みで歩く様になってしまっていました。
仕事もしているし、親の介護があるのに自分の身体が悪くなり困っていました。

知人から広島整体院さんをご紹介いただき、来院しました。

先生の様に丁寧に説明をしてくださるところは今まで初めてでした。
背中が曲がっていくから背筋を伸ばそうとしていたことにより悪くなっていると言われた時はびっくりしました。
施術をしてもらう事と自分でも家で言われたことを意識して生活をしていく中で腰の痛みや長時間の歩行も問題なくなりました。
腰もしっかり伸びてきて、仕事や親に介護にも不安がなくなりました。
先生に会うと元気がもらえます。
感謝しています。ありがとうございました。

(上谷さん 70代)

※効果には個人差があります

「デスクワーク時の腰の痛みがなくなりました」

若い時から腰痛で悩んでおり、特に身長が高いのもあってデスクワークの際に机と椅子の高さで合うものがなく長時間のデスクワークが苦痛で、よくぎっくり腰になったり、慢性的に腰痛持ちでした。
ホームページで広島整体院さんを見つけ、評判が良さそうなので行ってみようと思いました。

先生に腰の痛みが足のストレスからきてますと言われました。
今までいろんな整体に行きましたが、骨盤が歪んでるとか姿勢が悪いとばかり言われていたので初めはピンときませんでしたが、施術をしてもらった際に腰を触らなかったのに腰の痛みがなくなったので驚きました。

何回か通ううちにデスクワークが苦じゃなくなり、子供と遊ぶのにも腰を気にすることが無くなりました。
足のストレッチも家でやるようにしていて、腰の調子はだいぶ良くなりました。

ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

(甲斐 太生 30代)

※効果には個人差があります

「次の日仕事に戻れるかが不安でしたが、早期に腰痛が改善されて助かりました!」

保育士をしており、小さい子供と遊んだりすると腰に負担がかかることも多いです。
今回も急に痛みが出だして、仕事にならなくなりました。
年中行事のこととかを考えると、なるべく休めないので早く良くならないかと思ってたところ職場の方が広島整体院がいいよ。と勧めていただきました。
行ったら早期に動きが改善され、今後やるべきケアまで教えてもらい納得して卒業しました。

(若宮 ほのか)

※効果には個人差があります

 

予約フォームマップ

 

久保田大貴

この記事の監修
久保田大貴
広島整体院 院長・柔道整復師

テレビ、雑誌などメディア出演多数。
同業者はじめ、医師からも推薦状を受け、
整体・整骨の技術指導も行っている。
「どこにいっても治らなかった…」
そんな症状を治す凄腕の整体師。
プロフィールはこちら

 

 

 

広島の整体なら「広島整体院」 PAGETOP